メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松

麺食い集まれ ご当地年明けうどん 計22地域参加

「名古屋きしめん」を食べる姉妹=高松市林町のサンメッセ香川で2018年12月1日午前10時34分、山口桂子撮影

 各地のご当地年明けうどんを集めた「全国年明けうどん大会2018inさぬき」が1日、高松市林町のサンメッセ香川で始まった。出店地域数が最多となった昨年に並び、18都道府県と台湾から計22のブースが出店。多くの家族連れが訪れ、ブースを「はしご」する人たちの姿が見られた。2日も午前9時半~午後3時にうどんが販売される。【山口桂子】

 年明けうどんは、白い麺の上に赤いトッピングを添えた紅白の縁起物として、「本場さぬきうどん協同組合」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです