メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀

琵琶湖で氷魚漁解禁 平年並みに回復

初水揚げされ、計量して業者に引き渡される氷魚=大津市の堅田漁港で2018年12月1日午前5時30分、塚原和俊撮影

 アユの稚魚・氷魚(ひうお)漁が1日、琵琶湖で解禁され、6.16トンが初水揚げされた。2年連続の不漁から平年値(6.36トン)並みに回復したが、漁獲が好調な北湖南部に比べ、北湖北部は低調だった。滋賀県内を相次いで襲った台風で、琵琶湖独特の小型定置網「えり」が北部を中心に被害を受けた影響とみられ、県漁連の担当者は「一安心はしたが、漁獲差は残念」と話した。

 冬が漁期の氷魚は体が透き通り、高値で取引されることから「琵琶湖のダイヤモンド」とも称される。釜揚げ…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです