メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城の会社

ホタテ貝殻の割り箸で「世界のプラ代替へ」

試行錯誤を重ねて完成したほたて割り箸=塩釜市の明康本社で2018年11月22日午前11時17分、本橋敦子撮影

 プラスチックごみによる海洋汚染に国際的な関心が集まる中、ホタテ貝殻を原料にした新素材で割り箸をつくる製造会社「明康」(宮城県塩釜市)が注目を集めている。欧州を中心に導入が目標とされている有機資源50%を達成した、世界でも珍しいバイオマスプラスチックの新素材。開発した近江明男社長(69)は「世界中のプラスチックを代替したい」と意気込む。【本橋敦子】

 近江社長がホタテ貝殻に注目したのは2010年ごろ。青森県に住む友人に「一時保管場所に大量に廃棄されたホタテ貝殻の処理に困っている」と聞き、津軽半島にある現地へ行ってみると、見渡す限り貝殻の山。「このままではいけない」。貝殻を一日でも早く処理したいと、貝殻成分を半分以上含むバイオマスプラスチックの開発に挑んだ。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです