メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24

「パリ協定」指針作り本格化へ 2日開幕

 国連の気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)が2日、ポーランド南部カトウィツェで開幕する。2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の実施指針(ルールブック)の策定が主な議題だが、先進国と途上国の意見の隔たりは大きく、交渉は難航が予想される。世界の平均気温上昇を2度未満に抑えるため、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出削減目標を各国が引き上げることで国際社会が協調できるか注目される。

 温暖化を巡る国際交渉では、早くから温室効果ガスを排出してきた先進国と、近年になって工業化した中国や…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです