メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

PTA「異分子」な父親たち イクメンも蚊帳の外/企業社会の常識通じず/分担進まぬ「母親社会」

イラスト・オオタニツムギ

 来年度のPTA本部役員の選出シーズンが真っ盛りだ。会長ポストなど重責を避ける人は多く、「あの人が推薦されているらしい」「複数人から説得された」などとうわさされる季節でもある。このごろはPTA活動に参加する「イクメン」も増えているが、どうも居場所がないようで……。【田村彰子】

 「母親社会」とも言われるPTAに数年前に飛び込み、会長を務めた会社員男性(50)は今、こう振り返る。「会議に顔を出しても、手持ち無沙汰になったことはあります。お母さんたちのように活動の細かい部分まで分かっていないので」。子どもが通う愛知県内の中学校では「会長、副会長は男性が就任する」との暗黙のルールがある。この男性は何も知らないまま先輩から「スカウト」され、会長を任された。

 PTAは、児童・生徒の保護者と教職員からなる任意組織だ。先生たちも参加する会合や行事も多いので平日…

この記事は有料記事です。

残り2445文字(全文2822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです