メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

人ごとではない=永山悦子

 とうとう起きてしまったのか--。そんな思いに駆られたのは、「中国の研究者が『ゲノム編集を施した受精卵から双子の赤ちゃんが生まれた』と主張している」というニュースを読んだからだ。ゲノム編集は「生物の遺伝子を人為的に改変する技術」。中国の事例は、エイズウイルスを持つ親からの感染防止が目的とされる。

 思い出したのが、2002年に起きた「クローン人間騒動」だ。イタリア人医師や新興宗教団体が相次いでクローン人間の妊娠や出産を発表した。結局、その真偽は明らかにならなかったが、そのときの「人ごとではない」という切迫感は今回より薄かったように思う。日本にはクローン人間作りを禁じる法律があり、少なくとも日本で実施される恐れは(法律を守れば)低かったためだ。

 けれども、ゲノム編集に関する法律は、日本にはない。妊娠や出産にかかわる生殖補助医療に関する法律もな…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです