メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
1位の横顔

第87回日本音楽コンクール/下 声楽部門・森野美咲/クラリネット部門・中舘壮志

森野美咲さん=山下浩一撮影

 最終回の2人は、東京芸大の卒業生。ともにプロとして活躍しており、「一息一息に命を吹き込みたい」という姿勢も共通している。【斉藤希史子】

 ◆声楽部門 森野美咲(30)

一瞬一瞬の輝き表現

 本選前日が誕生日。「一言一句に思いを込めて」清澄なソプラノを響かせ、「三十にして立つ」を地で行った。

 今年は歌曲審査。日本語と最低二つの外国語を織り交ぜ、約15分のプログラムを構成する。「単に得意曲を並べるのではなく、ドラマが一貫することを」心掛けた。中心に据えたのはロイター作曲「あの人はむき出しの棺へと運ばれていった」(独語)。ハムレットに裏切られたオフィーリアの狂乱の場だ。その前には、二人の蜜月時代を思わせる「ここは素敵!」を露語で。後には、立原道造の詩に木下牧子が曲を付けた「夢みたものは」を置き、「オフィーリアが得られたかもしれない愛の世界」を現出させた。「最期を描いたミレーの絵も思い浮かべながら、お客様に彼女の生涯と心の声が伝わればと。そして天上のオフィーリアにも、救いが届くといいなと願っていました」

 詩と音への理解の深さ。ピアニスト井出徳彦との丁々発止の協演も、板に付いていた。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1201文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです