メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ

ジュエルズ・フロム・ミズカ2 上野が放った宝石の輝き=評・斉藤希史子

「リベルタンゴ」を踊る上野(上)とゴメス=写真家・長谷川清徳撮影

 神奈川県生まれのバレリーナ、上野水香が地元でプロデュースするグループ公演。4年ぶり2度目の開催だ。

 まずは豪華な顔ぶれに圧倒される。東京バレエ団の同僚として柄本弾、秋元康臣、沖香菜子のほか、渡辺理恵ら退団した仲間も多数集った。さらに、新国立劇場の主軸である小野絢子と福岡雄大、谷桃子バレエ団から今井智也。重鎮の下村由理恵や吉岡美佳らも参加した。海外からは、アメリカン・バレエ・シアターで活躍したウラジーミル・マラーホフとマルセロ・ゴメス。縦にも横にも広い上野の人脈がうかがえる。

 各自を生かす構成も周到。古典の抜粋が丁寧に踊られる一方、若手を中心に9人がはじける新作も。新国立の…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです