メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

ある支局長の記憶=横浜支局長・山本明彦 /神奈川

 社の先輩から、一冊の本が届いた。毎日新聞横浜支局長、社会部長を歴任し、脳出血で倒れた後も左手で記事を書き続け、昨年7月に81歳で亡くなった山本祐司さんの遺稿集「新聞記者 山本祐司」(水書房)だ。

 1961年入社。長く司法記者を務め、ロッキード事件などで数々のスクープを放った。社会部長だった50歳の時に脳出血を患い、右半身不随に。その後も書き続け、95年には著書「最高裁物語」で日本記者クラブ賞を受賞した。「毎日新聞社会部」「特捜検察物語」など著書、寄稿多数。

 遺稿集は、入社同期や司法記者として親交のあった人たちが、集められる限りの資料をもとに編集した。一記…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです