メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

「米俵マラソン」の発案者 酒井裕司さん(43)=飯島町 /長野

わら細工で町を元気に

 「張り切って走りましょう」とスタート前に行き会うランナーに笑顔で声をかける。6回目を迎え、飯島町の一大行事となった「米俵マラソン」の発案者として、参加者が背負う数百の米俵を手作りで準備する。自分の作った米俵を背に楽しそうに走るランナーを見るのが何よりうれしい。

 米俵マラソンの話題が知人を通じて日本相撲協会に伝わり、今年6月、大相撲九州場所(11月)の本場所の土俵や場所前の巡業や各部屋の土俵で使う1000を超える「こも」の製作を依頼された。巡業や場所に間に合うよう作れるか不安はあったが、伊那谷のわらが国技に関わる千載一遇のチャンスと引き受け、9人の仲間と励まし合って期日までに納めた。「追い込まれても頑張れるのは祖父の影響です」と笑う。

 祖父からは「何とか生きて帰ってやる」と戦争を生き延びた苦労話を度々聞かされ、過酷な状況でも生き抜く…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文946文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです