メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

名古屋ろう国際センター理事長 金ナムユンさん(50) /愛知

目標は就労の場を提供

 生まれつき耳が聞こえないろうの人にとって手話は母語という。読み書きする言語は、手話と語彙(ごい)や文法が異なるいわば第二言語だ。「外国人のろう者が日本語の読み書きを覚えようとするのは第三の言語を習得するようなものなんです」と力を込める。

 24年前、在日韓国人の夫との結婚を機に来日した。自分も言葉に苦労したが、さらに困難を抱える、ろうの韓国人と出会ったことが現在の活動につながる。「外国人という立場だからこそ彼らの大変さに気づくことができた」。母国で手話通訳の経験があり、日本でも資格を取得。ろうの外国人がきちんと日本語を学べる場を作ろうと、仲間たちとNPOを設立した。

 学びを求めていたのは外国人だけでない。若い頃読み書きを十分身につけられなかった年配の日本人も多く訪…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです