神戸ルミナリエ

運営にも光を 仕掛け搭載、募金箱 神大「塚本・寺田研究室」学生ら、新たに4個作製 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
さまざまな仕掛けの「光る募金箱」を作った学生ら=神戸市役所で、木田智佳子撮影
さまざまな仕掛けの「光る募金箱」を作った学生ら=神戸市役所で、木田智佳子撮影

 阪神大震災の犠牲者を追悼する「神戸ルミナリエ」(7~16日・神戸市中央区)を前に、来場者から運営資金を集めるための「光る募金箱」がこのほど、神戸市役所で披露された。【木田智佳子】

 ルミナリエの存続を願って、神戸大大学院工学研究科の「塚本・寺田研究室」の学生たちが2005年から募金箱を作っている。神戸芸術工科大の学生らもデザインを考えて協力している。人の動きを検知するセンシング技術やLED(発光ダイオード)を制御する技術などを使い、昨年までに作っ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集