メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
神戸ルミナリエ

運営にも光を 仕掛け搭載、募金箱 神大「塚本・寺田研究室」学生ら、新たに4個作製 /兵庫

さまざまな仕掛けの「光る募金箱」を作った学生ら=神戸市役所で、木田智佳子撮影

 阪神大震災の犠牲者を追悼する「神戸ルミナリエ」(7~16日・神戸市中央区)を前に、来場者から運営資金を集めるための「光る募金箱」がこのほど、神戸市役所で披露された。【木田智佳子】

 ルミナリエの存続を願って、神戸大大学院工学研究科の「塚本・寺田研究室」の学生たちが2005年から募金箱を作っている。神戸芸術工科大の学生らもデザインを考えて協力している。人の動きを検知するセンシング技術やLED(発光ダイオード)を制御する技術などを使い、昨年までに作っ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです