メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心の扉を開いて

共に生きる兵庫 第1部「地域で暮らす」/45 「他の仲間に影響する」 /兵庫

人工呼吸器を着けながらも、Vサインをする迫田博さん。右は母歌子さん=神戸市長田区で、桜井由紀治撮影

支給量上乗せ申請、区の却下に憤り

 神戸市長田区のシェアハウス「リ・スマイル」で介護支援を受けながら1人暮らしをしていたが、急病で区内の同じ病院に相次いで入院した、重度脳性まひの迫田博さん(41)と高山麻貴さん(44)はどうしているのか。2人を支援するNPO法人「ウィズアス」(同区)職員に聞くと、高山さんは11月2日に退院できたが、迫田さんは退院のめどが立たないという。9月に迫田さんが誤嚥(ごえん)性肺炎で入院してから、間もなく90日目を迎える。

 病院に見舞うと、迫田さんは人工呼吸器を着けていた。母歌子さん(70)が付き添い、心配そうに息子を見…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1343文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです