メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強小十年ガイナーレ

サッカー J3 須藤監督、最後の白星 藤枝降し3位に /鳥取

ゴールを決めるガイナーレ鳥取のDF西山雄介選手(中央)=鳥取市のとりぎんバードスタジアムで、阿部絢美撮影

 サッカーJ3のガイナーレ鳥取は2日、鳥取市のとりぎんバードスタジアムで最終戦の藤枝MYFC戦に臨み、2-1と快勝した。今季限りで退任する須藤大輔監督は最後の指揮で白星を挙げ、チームはリーグ3位の結果を残した。

 試合は前半8分、ゴール前の混戦から藤枝に先制を許したが、後半に鳥取のFWレオナルド選手とDF西山雄介選手がゴールを決め、逆転勝利。今季J3で24ゴールを決めて得点王に輝いたレオナルド選手は「全てのゴールはサポーターたちの支えがあったおかげだ」と話した。

 スタンドには観客約2600人が詰めかけて熱い声援を続け、選手が得点を決めると大きな旗を振った。鳥取…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです