メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災士養成講座

災害時、地域守りたい 300人応募 /広島

 地域の防災リーダーを養成しようと、広島市は1、2の両日、中区で防災士養成講座を開いた。今年度は昨年度の約1・5倍となる300人の申し込みがあり、市は7月の西日本豪雨の影響で市民の防災意識が高まったとみている。

 防災士は、阪神大震災を機に創設された民間資格。地域での避難訓練や防災マップづくりなど災害対応で率先した役割が期待されており、市は4年前の広島土砂災害後、公費を投入して本格的な育成を開始。今年3…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです