メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耐震改修

「低コスト工法」で補強を 県が説明会 高松 /香川

低コスト工法で耐震改修工事を進めている壁について、見学者(左)に紹介する香川県職員=高松市多肥下町で、小川和久撮影

 県は1、2日、工期や工事に伴う解体費用を抑えつつ耐震性を高める「低コスト工法」について、実際に工法を採用して工事を進めている高松市多肥下町の木造民家で現地説明会を開いた。自宅の耐震改修を検討している住民のほか、施工業者らが作業の流れや注意点を確認した。

 南海トラフ地震に備えて県は今年度から、壁の中に「筋交い」を設置する従来の工法と比べて費用が約2割安くなり、工期も短縮できる「低コスト工法」をPRしている…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです