メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

首脳宣言採択 「反保護主義」削除 米が反対

 【ブエノスアイレス中井正裕、光田宗義】アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)は1日午後(日本時間2日未明)、首脳宣言を採択し閉幕した。世界経済の最大のリスク要因となっている米国と中国の貿易戦争への対応が焦点だったが、昨年の宣言で明記した「保護主義と闘う」との文言はトランプ米政権の反対で削除された。一方、日米欧が主張した世界貿易機関(WTO)改革では一致した。次回G20サミットは来年6月、大阪市で開く。(3面に解説、7面に首脳宣言要旨)

 米リーマン・ショック後の世界的な経済・金融危機に対処するため2008年秋に発足したG20サミットが…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです