メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳会談

米、対中関税上げ凍結 90日間 知財など協議

会談に臨む米国の(右から)トランプ大統領、ポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官、(左から)中国の習近平国家主席=ブエノスアイレスで1日、ロイター

 【ブエノスアイレス中井正裕、河津啓介】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日(日本時間2日午前)、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれたブエノスアイレスで会談した。両首脳は新たな通商協議を開始し、米側が来年1月に予定していた追加関税率引き上げを90日間凍結することで合意した。米中貿易戦争はトップ会談で「一時休戦」にこぎ着けた形だが、米側は協議が妥結しなければ、改めて追加関税の引き上げに踏み切る構え。世界経済の最大のリスクの米中貿易戦争が収束に向かうかは見通せない。

 米中首脳の直接会談は約1年ぶりで、貿易摩擦激化後は初めて。夕食会形式で約2時間半行われた。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1032文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです