メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

元入管局長のビジョン=山田孝男

 坂中英徳(ひでのり)・元法務省東京入国管理局長(73)に言わせれば、外国人向け「技能実習制度」は、「勉学と就労を峻別(しゅんべつ)しない日本版奴隷制度」であり、廃止すべきシロモノである。

 だが、いま審議中の入管法改正案は、古い制度を残したまま新しいしくみをつくるという内容。

 「移民」(永住者)を受け入れよ--と坂中は言うが、政府は、期限付きで帰る「外国人労働者」しか入れぬと言い張る。

 それでも坂中は政府案を評価するという。

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1339文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです