メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

先見えぬ米中休戦 合意、思惑食い違い

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日の首脳会談で、米国が予定していた対中制裁拡大を凍結し、「一時休戦」することで合意した。貿易戦争の激化に歯止めがかかった形だが、具体的な摩擦回避策は示されておらず、時間稼ぎの側面も否めない。貿易戦争の先行きは依然、予断を許さない状況だ。

 トランプ氏「(中国とは)特別な関係を築いてきた。双方にとって良い結果を期待している」

 習氏「中、米という2大大国は世界に対し重要な責任を負っている。協力こそが最良の選択だ」

この記事は有料記事です。

残り2358文字(全文2585文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです