メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

先見えぬ米中休戦 合意、思惑食い違い

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日の首脳会談で、米国が予定していた対中制裁拡大を凍結し、「一時休戦」することで合意した。貿易戦争の激化に歯止めがかかった形だが、具体的な摩擦回避策は示されておらず、時間稼ぎの側面も否めない。貿易戦争の先行きは依然、予断を許さない状況だ。

 トランプ氏「(中国とは)特別な関係を築いてきた。双方にとって良い結果を期待している」

 習氏「中、米という2大大国は世界に対し重要な責任を負っている。協力こそが最良の選択だ」

この記事は有料記事です。

残り2358文字(全文2585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです