メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

G20 薄まる存在感

 1日閉幕したG20サミットは、世界的な経済・金融危機を受けて2008年に始まった多国間の協調枠組みが形骸化していることを浮き彫りにした。「自国第一主義」のトランプ米政権に翻弄(ほんろう)されたG20は、合意演出を優先するあまり、首脳宣言から「保護主義と闘う」との文言をあっさり削除。最大の懸念材料の貿易問題に真正面から取り組めない限界を露呈した。19年の議長国の日本は貿易戦争を展開する米中の仲介に意欲を見せるが、G20の立て直しは容易ではない。…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです