メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳会談

安保議論乏しく 貿易対立休戦を優先

米中首脳会談で、中国の習近平国家主席の話を聞くトランプ米大統領=ブエノスアイレスで1日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席による1日の米中首脳会談は、貿易を巡る対立の行方に注目が集まり、懸案である南シナ海問題をはじめとした安全保障の議題がかすむ結果となった。これまで中国に繰り返し迫ってきた法の支配や人権の尊重などについて米国からの発信も乏しく、積極的な広報戦略を展開した中国との違いが際立った。

 夕食会を含め2時間半にわたる首脳会談後、米中がそれぞれ発表した会談内容の中に「南シナ海」への言及は…

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1903文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです