メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

帝国書院(東京都)/上 「スーパー」な創立者

守屋荒美雄の故郷の小学校には、郷土の偉人として守屋の銅像が置かれている=帝国書院提供

 <since 1917>

地図のある豊かな生活をすべての人へ

 帝国書院(東京都千代田区)といえば、学生時代に使った地図帳を思い浮かべる人も多いだろう。1960年代以降、同社の「中学校社会科地図」が全国の多くの地区で採用されているからだ。創立101年の歴史を振り返るには、創立者・守屋荒美雄(すさびお)の生涯に着目しないわけにはいかない。

 守屋は1872(明治5)年、現在の岡山県倉敷市西阿知町で生まれた。幼名は荒三(あらぞう)。高等小学…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  4. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです