メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「新入生」続々 廃校水族館

全長25メートルの屋外プールではウミガメやシュモクザメが悠々と泳いでいる=むろと廃校水族館提供

 少子化の影響で公立学校の統廃合が相次ぐ中、使われなくなった校舎や体育館をリニューアルした水族館が人気だ。児童に代わって入学した魚を“参観”しようと、多くの観光客が足を運ぶ。

 ●プールにウミガメ

 人口約1万4000人の高知県室戸市に4月、「むろと廃校水族館」がオープンした。サバやエイが教室の真ん中に置かれた水槽を元気に泳いでいる。全長25メートルの屋外プールで、ひょっこりと水面に顔を出したのはウミガメ。のんびりとした姿が人気だ。かつて児童でにぎわったプールサイドは、県外からも多くの人が訪れるようになった。

 2006年に閉校した旧椎名小を市が約5億円かけて改修した。「本来の主役は子どもたち。笑顔を見られるのがうれしい」と、館長の若月元樹さん(43)。NPO法人「日本ウミガメ協議会」(大阪府枚方市)が運営している。協議会に所属する若月さんは、03年から室戸を拠点にウミガメの生態調査を実施しており、廃校舎の有効活用を模索する室戸市の提案を受け、協力することになった。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです