メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全長25メートルの屋外プールではウミガメやシュモクザメが悠々と泳いでいる=むろと廃校水族館提供

 少子化の影響で公立学校の統廃合が相次ぐ中、使われなくなった校舎や体育館をリニューアルした水族館が人気だ。児童に代わって入学した魚を“参観”しようと、多くの観光客が足を運ぶ。

 ●プールにウミガメ

 人口約1万4000人の高知県室戸市に4月、「むろと廃校水族館」がオープンした。サバやエイが教室の真ん中に置かれた水槽を元気に泳いでいる。全長25メートルの屋外プールで、ひょっこりと水面に顔を出したのはウミガメ。のんびりとした姿が人気だ。かつて児童でにぎわったプールサイドは、県外からも多くの人が訪れるようになった。

 2006年に閉校した旧椎名小を市が約5億円かけて改修した。「本来の主役は子どもたち。笑顔を見られる…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1326文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです