メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/4 止まらぬ「拍手」

 <kyoiku no mado>

 11月17日、明晴学園(東京都品川区)の開校10周年を記念した「千神(せんかみ)祭」本番の日がやってきた。1カ月間、小学5、6年生が披露する手話狂言の練習を見守ってきた私(記者)は「セリフを忘れないかな」「舞台で転ばないだろうか」と心配で仕方がなかった。

 楽屋をのぞくと、5、6年生は袴(はかま)や裃(かみしも)を身につけ準備万全。私が「緊張してる?」と聞いて回っても、「ちょっとね」とか「とても」と返してはくれるが、どこかそっけない。「舞台に集中したいんだな」。そう思って客席から見守ることにした。

 まずは5年の金子陽音(はるね)さん(11)と森永うららさん(11)が演じる手話狂言「しびり」。2人…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文935文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです