メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

◎特選

◎軽トラで駆けつけてきし若者がリーダーとなり泥掻き仕切る 瑞穂市 渡部芳郎

【評】被災地の奉仕活動が話題となった一年であった。軽トラで駆けつけたという表現と<泥掻き仕切る>の結句が重い。

真夏なるに黄土色なる雑草地除草剤なる薬品まかる 越谷市 高橋京子

花の野につどいきたれる黄帽子らすっかり溶けて声だけ響く 名古屋市 浅井清比古

扇風機の掃除を終ふるひとときに酷暑の別れと再起動さす 東京 恩田紀子

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです