メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

幻を見る吉増剛造=酒井佐忠

 東京都写真美術館ホールで詩人吉増剛造の映像詩的なドキュメント映画「幻を見るひと-京都の吉増剛造」(井上春生監督、エグゼクティブプロデューサー、城戸朱理)を観た。「途方もない、何千年に一度というような自然の暴虐がやってきたときに、私たちの民俗学やなんかではとても届かないような、風土のヴィジョンを考え直さないといけない責任を背負い込まされてしまった」(『キネマ旬報』12月上旬号)ことからの出発だ。

 大震災に言葉を失った吉増は、古都・京都を歩く。京都は琵琶湖の水の8割を地下水に湛(たた)えた「水の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです