メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン

服部V 日本勢14年ぶり 2時間7分27秒、歴代8位

1位でフィニッシュする服部=森園道子撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた第72回福岡国際マラソンは2日、福岡市の平和台陸上競技場発着のコースであり、服部勇馬(トヨタ自動車)が日本歴代8位の2時間7分27秒で初優勝した。同マラソンでの日本勢の優勝は04年の尾方剛(中国電力)以来14年ぶり。

 すでにMGC出場権を獲得している前日本記録保持者の設楽悠太(Honda)は2時間10分25秒で日本…

この記事は有料記事です。

残り2304文字(全文2509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです