メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

日本シリーズJTカップ 今平、初の賞金王 26歳61日

最終日(2日、東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)

 国内男子ツアー今季最終戦は最終ラウンドを行い、小平智が通算8アンダーで並んだ石川遼、黄重坤とのプレーオフを制し、日本ツアー通算7勝目を挙げた。

 今平周吾が8位に入り、今季の賞金を1億3911万9332円として、初の賞金王に輝いた。今平は史上5番目に若い26歳61日での賞金王となった。優勝すれば賞金王の可能性があったショーン・ノリス(南アフリカ)は通算1アンダーの15位だった。

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです