メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東大学ラグビー

対抗戦 早大が同時V 帝京と並ぶ

【早大-明大】後半、突進する早大・中野将=渡部直樹撮影

 ラグビーの関東大学対抗戦は最終日の2日、東京・秩父宮ラグビー場などで2試合が行われ、早大が明大を31-27で降した。早大は通算6勝1敗で帝京大と並び同時優勝を果たした。早大の対抗戦優勝は8年ぶり23度目。早明戦の通算成績は早大の54勝2分け38敗となった。当該校同士の対戦成績により、帝京大が1位、早大が2位、ともに5勝2敗の慶大が3位、明大が4位となり、5位の筑波大までが全国大学選手権に出場する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです