関東大学ラグビー

対抗戦 早大が同時V 帝京と並ぶ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【早大-明大】後半、突進する早大・中野将=渡部直樹撮影
【早大-明大】後半、突進する早大・中野将=渡部直樹撮影

 ラグビーの関東大学対抗戦は最終日の2日、東京・秩父宮ラグビー場などで2試合が行われ、早大が明大を31-27で降した。早大は通算6勝1敗で帝京大と並び同時優勝を果たした。早大の対抗戦優勝は8年ぶり23度目。早明戦の通算成績は早大の54勝2分け38敗となった。当該校同士の対戦成績により、帝京大が1位、早大が2位、ともに5勝2敗の慶大が3位、明大が4位となり、5位の筑波大までが全国大学選手権に出場する。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文796文字)

あわせて読みたい

ニュース特集