メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶応大

ALSに既存薬、きょう治験 パーキンソン病用

 慶応大は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療に、パーキンソン病治療薬を使えるか確かめる臨床試験(治験)を3日に始めると発表した。患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い効果が確認されたため、実際に別の患者に投与して安全性や効果を確かめる。動物実験なしでiPS細胞を用いた治験をするのは国内で2例目。

 岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームで、投与するパーキンソン病治療薬は錠剤のレキップ(ロピニロール塩酸塩)。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. サッカー・ルヴァン杯 26日開催の7試合中止に 新型コロナ感染拡大

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです