メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉

秩父夜祭が開幕 139年ぶり中近笠鉾も特別運行

上町屋台に乗り、囃子手として大きな掛け声を発する林家たい平さん(前列左)=埼玉県秩父市で2018年12月2日午前11時54分、松山彦蔵撮影

 ユネスコ無形文化遺産の秩父夜祭が2日、埼玉県秩父市で開幕し、豪華に飾った山車5基が朝から引き回された。

 同市出身の落語家、林家たい平さん(53)が上町(かみまち)屋台の囃子手(はやして)を務め、あごを突き出し「ホーリャーイ」と大きな掛け声を発し、沿道に幾重にもなった人垣から声援を受けた。中村町と近戸町合同の中近笠鉾(かさぼこ)も139年ぶりに特別運行された。たい平さんは「秩父っ子には夜祭は生きるエネルギー源。大勢…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです