メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東名あおり事故

弁護側、危険運転致死傷は無罪を主張

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車がトラックに追突され、萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で始まった。初公判で弁護側は、危険運転致死傷罪について「停車後の事故に適用できない」と述べ、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で「執拗(しつよう)、危険で悪質な犯行態様」と指摘した上で「高速道で被害者の車を停…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです