東名あおり事故

弁護側、危険運転致死傷は無罪を主張

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車がトラックに追突され、萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で始まった。初公判で弁護側は、危険運転致死傷罪について「停車後の事故に適用できない」と述べ、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で「執拗(しつよう)、危険で悪質な犯行態様」と指摘した上で「高速道で被害者の車を停車させれば、人が死亡することは想定される」と述べ、被告の運転行為と事故の因果関係を強調。妨害目的で他車の前に進入・接近した被告の運転は危険運転致死傷罪に当たると主張した。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文852文字)

あわせて読みたい

ニュース特集