メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首脳会談

米、対中追加関税90日間凍結 通商新協議へ

首脳会談に臨むトランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席(左)=ブエノスアイレスで2018年12月1日、AP

米中貿易戦争は「一時休戦」に

 【ブエノスアイレス中井正裕、河津啓介】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日(日本時間2日午前)、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれたブエノスアイレスで会談した。両首脳は新たな通商協議を開始し、米側が来年1月に予定していた追加関税率引き上げを90日間凍結することで合意した。米中貿易戦争はトップ会談で「一時休戦」にこぎ着けた形だが、米側は協議が妥結しなければ、改めて追加関税の引き上げに踏み切る構え。世界経済の最大のリスクの米中貿易戦争が収束に向かうかは見通せない。

 米中首脳の直接会談は約1年ぶりで、貿易摩擦激化後は初めて。夕食会形式で約2時間半行われた。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです