メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハウステンボスに中国企業が出資へ 経営はHISが主導

決算会見で復生集団の出資について説明するHTBの沢田社長=長崎県佐世保市のハウステンボスで2018年12月3日午後3時12分、綿貫洋撮影

 ハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)は、来年1月をめどに中国の投資企業、復星集団から最大25%程度の出資受け入れを検討している。増加する中国人客の誘致で連携するのが狙い。経営はHTBの親会社である旅行大手、エイチ・アイ・エス(HIS)が継続して主導する。

 HTBの資本金は15億円。HISが株式の3分の2を、残りを九州電力や西部ガス、JR九州など福岡の有力企業が保有している。

 来年1月をめどに各社が保有する株式の一部を復星集団に売却する方向で調整している。売却後はHISが過…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです