メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ

ロペスオブラドール氏が大統領に就任

就任式で演説するメキシコのロペスオブラドール新大統領=2018年12月1日、AP

 【サンパウロ山本太一】メキシコの左派「国家再生運動(Morena)」の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(65)が1日、大統領に就任した。就任演説で「これから始まる改革は急進的なものになる」と述べ、汚職撲滅や不法移民対策など公約の実現を誓った。メキシコ史上初の左派政権で、任期は6年。

 米国国境のメキシコ北西部には、ホンジュラスなど中米3カ国出身者を…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです