日露交渉

責任者は外相トップ 日本は「2島返還+α」軸

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨む安倍晋三首相(左)とプーチン露大統領=ブエノスアイレスで2018年12月1日、AP
会談に臨む安倍晋三首相(左)とプーチン露大統領=ブエノスアイレスで2018年12月1日、AP

首脳会談、新たな枠組み設置で合意

 【ブエノスアイレス光田宗義、モスクワ大前仁】安倍晋三首相は1日午後(日本時間2日未明)、アルゼンチンのブエノスアイレスで、ロシアのプーチン大統領と約45分間会談した。両首脳は、北方領土問題を含む平和条約締結交渉の責任者を河野太郎外相とラブロフ外相とする新たな枠組みを設けることで合意。来年1月の首相訪露前に外相会談を開く方針で一致した。日本は、歯舞群島と色丹島の2島返還に国後、択捉両島での共同経済活動などを組み合わせた「2島返還プラスアルファ(+α)」案を軸に交渉に臨む構えだ。

 両首脳は、具体的な交渉を進める担当者として、森健良外務審議官を首相特別代表、モルグロフ外務次官を大統領特別代表に任命した。日本政府は、首相訪露の際に具体的な進展を得たい考え。安倍政権内では「ロシアが軍事化を進める国後、択捉両島の返還は困難」との見方が大勢を占め、より現実的な「2島+α」論が強まっている。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1127文字)

あわせて読みたい

注目の特集