メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳会談

安全保障の議題乏しく 貿易対立休戦を優先

米中首脳会談で、中国の習近平国家主席の話を聞くトランプ米大統領=ブエノスアイレスで2018年12月1日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席による1日の米中首脳会談は、貿易を巡る対立の行方に注目が集まり、懸案である南シナ海問題をはじめとした安全保障の議題がかすむ結果となった。これまで中国に繰り返し迫ってきた法の支配や人権の尊重などについて米国からの発信も乏しく、積極的な広報戦略を展開した中国との違いが際立った。

 夕食会を含め2時間半にわたる首脳会談後、米中がそれぞれ発表した会談内容の中に「南シナ海」への言及は…

この記事は有料記事です。

残り1710文字(全文1928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 お年玉付き年賀はがきの当選番号がきょう発表される…

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです