「ゲノム編集双子」主張の学者を中国の大学が軟禁か 香港紙報じる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際会議で発言する賀建奎氏=AP
国際会議で発言する賀建奎氏=AP

 【台北・福岡静哉】中国の研究者がゲノム編集技術を使ってヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子が生まれたと主張している問題で、香港紙「蘋果日報」(電子版)は、この研究者が大学当局によって軟禁された状態にあると報じた。

 研究者は、南方科技大(広東省深セン)の賀建奎(がけんけい)副教授。1日付の同紙の報道に…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

あわせて読みたい

注目の特集