メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

司法試験合格

重度の視覚障害女性「弱い人救う弁護士に」

今年度の司法試験に合格した、重度の視覚障害がある板原愛さん=東京都新宿区で、蒔田備憲撮影

法科大学院に進学、2度目挑戦で夢かなう 3日から司法修習

 重度の視覚障害がある東京都の板原愛さん(27)が、今年度の司法試験に合格した。重い視覚障害者の女性が合格するのは極めて珍しく、板原さんは3日から始まる司法修習を前に「社会で弱い立場にいる人たちの力になれる弁護士になりたい」と話している。

 板原さんは大阪府岸和田市出身。生まれつき角膜が濁る病気があり、視力は0.02~0.03、視野も30度ほどの狭さだった。

 地元の小学校に通っていたが、両親の勧めで東京都の筑波大付属盲学校(現・同大付属視覚特別支援学校)中…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです