帰国直前、日本産どうぞ 関空に「青果店」オープン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
出国エリアにオープンした「ジェイズアグリマーケット」で日本産の果物を手に取る外国人観光客=関西国際空港で2018年12月3日午前10時4分、猪飼健史撮影
出国エリアにオープンした「ジェイズアグリマーケット」で日本産の果物を手に取る外国人観光客=関西国際空港で2018年12月3日午前10時4分、猪飼健史撮影

 海外で人気を集める日本の果物や野菜を販売する青果店が3日、関西国際空港第1ターミナルの国際線出国エリア内にオープンした。日本を出国する1週間前までに電話で予約すると、検疫済みの商品を出発直前に購入できる。もちろん、店頭で直接買うことも。空輸コストがかからない分、割安で買えるほか、何より手軽さが魅力だ。

 旅行大手のJTBが運営するこの店舗は、「J’s Agri Market」。これまではインターネットのサイト「J’s Agri」で、産地直送の青果を香港やマレーシアなどに向けて販売していた。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文462文字)

あわせて読みたい

注目の特集