メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

バス運転手の意識消失 根本的な解決方法は

車両左側にぶつかった跡が残る「ラビット急行」の観光バス=三重県尾鷲市古戸野町で午後1時47分、下村恵美撮影

 バスの運転手が運転中に意識を失って事故になるケースが相次いでいる。11月15日にも三重県内の高速道路を走っていた観光バスの男性運転手が意識をなくし、乗客が停車させる事故があった。国は脳などの検査を推奨しているが、専門家らからは「根本的な解決にならない」との指摘が出ている。【江畑佳明、宇多川はるか】

 「非常にショックです」と三重県で事故を起こしたバスを運行していた「ラビット急行」(浜松市)の担当者は語る。11月15日午前、同県紀北町の紀勢自動車道下り線「高丸山トンネル」内で、40代の男性運転手が急に意識を失った。バスは蛇行し、乗客が停車させた。けが人はなかったが、運転手は口から泡を吹いていたという。

 同社によると、運転手は朝の点呼で体調不良は確認されず、持病や服用薬もなかった。3年ほど前に脳ドック…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです