メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アクセス

バス運転手の意識消失 根本的な解決方法は

車両左側にぶつかった跡が残る「ラビット急行」の観光バス=三重県尾鷲市古戸野町で午後1時47分、下村恵美撮影

 バスの運転手が運転中に意識を失って事故になるケースが相次いでいる。11月15日にも三重県内の高速道路を走っていた観光バスの男性運転手が意識をなくし、乗客が停車させる事故があった。国は脳などの検査を推奨しているが、専門家らからは「根本的な解決にならない」との指摘が出ている。【江畑佳明、宇多川はるか】

 「非常にショックです」と三重県で事故を起こしたバスを運行していた「ラビット急行」(浜松市)の担当者は語る。11月15日午前、同県紀北町の紀勢自動車道下り線「高丸山トンネル」内で、40代の男性運転手が急に意識を失った。バスは蛇行し、乗客が停車させた。けが人はなかったが、運転手は口から泡を吹いていたという。

 同社によると、運転手は朝の点呼で体調不良は確認されず、持病や服用薬もなかった。3年ほど前に脳ドック…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1619文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです