王将戦の挑戦者は渡辺棋王 5期ぶり復位を目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
渡辺明棋王
渡辺明棋王

 第68期王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の挑戦者決定プレーオフは3日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、渡辺明棋王(34)が糸谷哲郎八段(30)を126手で破り、久保利明王将(43)への挑戦権を獲得した。渡辺は第64期に王将位を失っており、5期ぶりの復位を目指す。

 渡辺は今期リーグ3戦までは1勝2敗と負けが先行したが、その後3連勝してトップに並び、プレーオフに持ち込んだ。渡辺は「挑戦者に…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

注目の特集