メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東名あおり2人死亡事故初公判  弁護側は無罪主張「停車後の事故、危険運転ではない」

 神奈川県内の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車がトラックに追突され、夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=の裁判員裁判の初公判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であった。危険運転致死傷罪を巡り、停車後の事故に適用できず無罪とする弁護側と、被告の妨害運転は事故と因果関係があり危険運転に当たるとする検察側の主張が真っ向から対立した。判決は14日の予定。

 死亡したのは静岡市清水区の萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)。起訴状などによると、…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです