メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

東名高速事故の状況

 「6月5日、パパとママが死んでしまいました」。石橋和歩被告(26)に対する裁判員裁判で、萩山嘉久さん夫婦の次女の供述調書が読み上げられた。次女(当時11歳)は「(両親に)帰ってきてと言っても無理なのはわかっている。逆ギレしてパパとママを死なせてしまうのはおかしい」と訴えた。

 調書の中で、次女は「うちの車にどんどん近づいてくる車が左側から来た」など、被告の車に追いかけられる状況を説明した。一家の車は高速道路上で停車させられた後、被告が近づいてきて、嘉久さんを車外に引きずり出そうとした。「ママは、…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです