メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元マラソン代表の被告 買い食い禁止で財布没収「人というよりペット」 

判決後、記者会見する原裕美子被告=群馬県太田市の太田市役所で2018年12月3日午後1時1分、西銘研志郎撮影

 「もう一度、社会内で更生する機会を与えるのが相当である」――。群馬県太田市内で菓子類を万引きしたとして窃盗の罪に問われた元マラソンランナー、原裕美子被告(36)に対し、前橋地裁太田支部は3日、刑罰ではなく社会内で治療すべきだとの判断を下した。4月に始まった裁判であらわになったのは、現役時代の過酷な減量とそれに伴う摂食障害や窃盗症の症状。原被告は判決後の記者会見で、自身と同じように窃盗症に悩む人に向けて「勇気を出して打ち明けてほしい」と呼びかけた。【西銘研志郎】

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです