メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元マラソン代表の被告 買い食い禁止で財布没収「人というよりペット」 

判決後、記者会見する原裕美子被告=群馬県太田市の太田市役所で2018年12月3日午後1時1分、西銘研志郎撮影

 「もう一度、社会内で更生する機会を与えるのが相当である」――。群馬県太田市内で菓子類を万引きしたとして窃盗の罪に問われた元マラソンランナー、原裕美子被告(36)に対し、前橋地裁太田支部は3日、刑罰ではなく社会内で治療すべきだとの判断を下した。4月に始まった裁判であらわになったのは、現役時代の過酷な減量とそれに伴う摂食障害や窃盗症の症状。原被告は判決後の記者会見で、自身と同じように窃盗症に悩む人に向けて「勇気を出して打ち明けてほしい」と呼びかけた。【西銘研志郎】

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1223文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです