ゲノム編集食品を届け出制に 厚労省が方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術を使った食品の規制を巡り、厚生労働省は手法が規制対象外の場合でもゲノム編集技術が用いられていれば届け出制とする検討に入った。開発業者を把握することで、問題が起きた際の対応の迅速化を図る。薬事・食品衛生審議会の調査会が年内にまとめる規制方針に盛り込む。

 ゲノム編集技術は、目的の遺伝子だけを壊す方法と、外来の遺伝子を入れる方法がある。このうち遺伝子の組み入れは、従来の遺伝子組み換え作物と同様…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集