メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン

歴代8位で服部Vに「末恐ろしい選手」

第72回福岡国際マラソンで優勝し記録の横でガッツポーズする服部勇馬=福岡市中央区の平和台陸上競技場で2018年12月2日午後2時25分、矢頭智剛撮影

第72回福岡国際マラソン(2日、福岡市の平和台陸上競技場発着のコース)

 4度目のレースで殻を破った。服部が日本歴代8位の好タイムで日本勢として14年ぶりに優勝。「練習でやってきた成果がそのままタイムに出てうれしい」。フィニッシュテープを切ると帽子を放り投げ、右腕を空に向かって大きく振り上げた。

 勝負に出たのは36キロ過ぎの給水地点。過去3回のマラソンでいずれも失速し、課題に挙げていた終盤だった。ツェガエ、メセルが遅れたのを見て「勝負してもいいかな」とピッチを上げた。40キロまでの5キロは14分40秒と、昨年3位だった大迫傑(ナイキ)の15分18秒を上回る加速でトップを独走した。

 東洋大では3、4年時に箱根駅伝のエース区間の2区で区間賞。しかし、入社後はけがもあって伸び悩み、ト…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです