メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒーロー・ワールドチャレンジ

ラームが勝利「タイガー主催のイベントで優勝できたのはスペシャルなことだ」(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日

ヒーロー・ワールドチャレンジ/バハマ アルバニー

ラームが憧れの選手の前で完勝

 ヒーロー・ワールドチャレンジ最終日の日曜、7アンダー65をマークしたジョン・ラームがシュートアウトの可能性をバハマの風と変え、いとも簡単に4打差の優勝を決めた。

MORE:ヒーロー・ワールドチャレンジの最新スコアはここをクリック!

 トニー・フィナウ、ヘンリック・ステンソンとともに首位タイで最終ラウンドを迎えたラーム。

 この日はフィナウが2番パー3で6メートルのバーディパットを決めた際、一瞬だけ首位の座から転落したが、フィナウが4番パー4で1.2メートルのパーパットを外すと、再び首位タイとなった。

 フィナウが8番パー3でボギーを出し、トップの座から脱落した段階で単独首位に立った。ラームは9番パー5で2オンに成功し、2パットのバーディを決めて後続に2打差で折り返すと、そのまま単独トップを保持した。

 それでもフィナウは、追撃を続けた最後の1人だった。だが、14番パー4で砂地からバンカーへ打ち込み、続くバンカーショットでグリーンをオーバーさせてダブルボギーとなった時点で終了。

 一方、ラームはここをバーディとし、2打差が一気に5打差に広がった。その後は追従を許さず、そのまま通算20アンダーで勝利を手にした。

ラームはタイガー・ウッズから優勝トロフィーを受け取った Photo by David Cannon/Getty Images

 ラームがバハマに足を踏み入れるのは、これが初めてながら、5ホールあるパー5と2ホールある短いパー4を攻略しさえすればスコアが伸ばせると早い時点で理解し、それを着実に実現。最終日はこの7ホールすべてでバーディを奪った。

 プロデビュー1年目の2017年同様、ラームは世界各地で3勝を挙げて1年を締めくくった。そして、それはいくつかの点でラームにとってふさわしい結果でもあった。

 個人として勝ち取ったトロフィー以上に、何よりも最高の経験になったこと。それはライダーカップの最終日、タイガー・ウッズと対戦したことだった。

 17番ホールでウッズを打ち破り、その日の欧州選抜にとって最初の勝ち点を挙げたラームが、大会ホストのウッズからトロフィーを受け取り、1年の最後を飾ったのだ。

「タイガーとプレーしたあの日曜は、ボクのゴルフ人生の中で一番感動的で、重要な瞬間だった」とラームは振り返る。

「タイガーを相手に戦うことは、本当に大きな意味を持っていた。そして、その2カ月後、彼が主催するイベントで優勝することができた。素晴らしくスペシャルなことだ」

トニー・フィナウは最終18番パー4でバーディを奪い、通算16アンダー2位でフィニッシュした Photo by David Cannon/Getty Images

 ラームが楽々と逃げ切り勝利を決めた大会だったが、最終ホールではちょっとしたドラマがあった。

 ジャスティン・ローズは世界ランキング1位に返り咲くために、今大会は少なくとも2位タイで終える必要があった。

 最終日に7アンダー65とスコアを伸ばし、通算15アンダーでホールアウトしたローズ。1位復帰は確実かのように見えた。

 だが、フィナウが18番パー4で3メートルのバーディパットをねじ込み、通算16アンダー単独2位でフィニッシュ。ローズの返り咲きはならなかった。

 一方、フィナウは自己ベストの世界ランキング9位に浮上した。

ヘンリック・ステンソンはバックナインでスコアを伸ばせず、通算14アンダー4位だった Photo by David Cannon/Getty Images

 大会ホストのタイガー・ウッズは、トロフィー授与の式典が行われるまで出番なしの1日だった。この日も波瀾万丈のスタートとなった後、バックナインでは巻き返して1オーバー73で終了。18人中17位で大会を終えた。

 最終結果は首位と19打差。ウッズにとって、今年72ホールをプレーした中では、最大の差でのフィニッシュだ。

「総じて長い一週間だったよ。でも、選手たちは楽しんでくれたようだというのが、せめてもの救いかな」とウッズは語った。

「楽しんだ選手」の筆頭は当然、ラームだ。今年はPGAツアーではキャリアビルダー・チャレンジで1勝、ヨーロピアンツアーではスペイン・オープンでも優勝した。

 ステンソンは折り返した時点で1打差につけていたものの、バックナインではバーディ1つのみと振るわず、通算14アンダー4位で終了。

 パトリック・カントレーは土曜日の4オーバー76から日曜日の8アンダー64と12ストロークも改善し、前年覇者のリッキー・ファウラーと並ぶ通算13アンダー5位タイでフィニッシュした。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです