メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Topics

オペラ「紫苑物語」2月初演 芸術の永遠性描く 新国立劇場制作陣が意気込み

 東京・新国立劇場の新作オペラ「紫苑(しおん)物語」が来年2月に初演される。原作は、石川淳が1956年に発表した同名小説。同劇場の新オペラ芸術監督、大野和士が力を入れる「日本人による日本発の作品」の第1弾だ。大野や作曲の西村朗ら制作陣によるトークイベントがこのほど、東大駒場キャンパス内のホールで開かれた。「平安期を舞台に時空間を超えた物語。差別や宗教、権力などの問題もはらみ、テーマは極めて現代的」(監修の音楽評論家・長木誠司)という舞台に期待が高まる。

 イベントの表題は「一の矢『知の矢』--石川淳の原作からオペラへ」。歌詠みの家に生まれながら弓矢の道…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1192文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです